rurihabachi
English Home



Home

数式ツール



> Web API <

使い方(共通)

数値計算
xの関数
xの関数-グラフ
関数の微分



お問い合わせ









関数の微分 Web API

本APIは、送信された関数の(偏)導関数を戻します

  » このAPIの機能については 関数の微分 (数式・計算ツール)で確認することができます。

このAPIを利用するには、下記のURLにアクセスしてください。
それぞれ XML / JSON (JSONP) / CSV形式に対応しています。

XML http://www.rurihabachi.com/web/webapi/differentiation/xml
JSON/JSONP http://www.rurihabachi.com/web/webapi/differentiation/json
CSV http://www.rurihabachi.com/web/webapi/differentiation/csv

  » WebAPIの使い方については 使い方(共通) もご覧ください。


引数:  (*は必須)
function * string 関数式(例:x^2+x+2)
- 許容文字・関数(x,y,z,a,b,cは定数):
1234567890+-*/()^,pi,e,sqrt,log,sin,cos,tan,a,b,c,x,y,z
variable string 変数(例:x)
- この変数で関数を微分します。
- 指定のない場合はxで微分します。
callback string callback関数名(例:setResult)
- JSONP形式のみ必須

出力内容:
function string 認識された関数(送信された関数式とは表記が完全に一致しない場合があります。)
例:x^2+x+2
variable string この変数で関数を(偏)微分します。例:x
status integer 0:正常終了、  1-999:エラーあり
message string エラーメッセージなど
count integer 結果セットの数(0 または 1)
resultset - 結果セット
expression string 計算結果(statusが0以外の場合は値がセットされません。)
例:2x+1

      *      *      *

出力データの例:

  XML形式
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<result function="differentiation">
  <function>x^2+x+2</function>
  <variable>x</variable>
  <status>0</status>
  <message>OK</message>
  <count>1</count>
  <resultset>
    <expression>2x+1</expression>
  </resultset>
</result>

  JSON(JSONP)形式
{"function":"x^2+x+2","variable":"x","status":0,"message":"OK","count":1,"resultset":[{"expression":"2x+1"}]}

  CSV形式
"x^2+x+2","x",0,"OK",1
"2x+1"


Copyright (C) 2011-2019 rurihabachi. All rights reserved.