rurihabachi
Last update: 2013/11/25  
    仮 想 マ シ ン で Fedora サ ー バ       ◇◇◇  お金をかけずに簡単簡潔  ◇◇◇  サーバ構築公開手順 覚書き  ◇◇◇
 
 
サーバ構築メニュー  
     1. はじめに
     2. 構築前の準備
     3. サーバの役割り
  » 4. サーバの計画
  » 5. 仮想マシンの準備
  « 6. Fedoraの準備
       インストールの準備
       インストール
  » 7. サーバの基本設定
  » 8. ファイアウォール
  » 9. ウェブサーバ
  » 10. Apache Wicket
  » 11. メールサーバ
  » 12. セキュリティ
     13. サーバの公開


  サーバ構築Top  > 6.Fedoraをインストール  > (1)インストールの準備
    6. Fedoraをインストール
前章で仮想マシンが準備できましたので、作成した仮想マシン上にFedoraをインストールししていきます。


    (1) 仮想マシンへのインストールの準備

Fedoraのインストール用ファイルはFedoraのホームページから入手します。

  http://fedoraproject.org/ja/ (日本語ウェブサイト)

ダウンロードページからインストールファイルをダウンロードしますが、この際、Liveメディアではなく、DVD版をダウンロードします。 ファイル名はFedora-XX-i386-DVD.isoなどとなります。 XXの部分はバージョン番号です。 また、拡張子はisoになります。 ダウンロードしたファイルは物理マシン(ホストマシン)上の任意の場所へ保存しておきます。

上記ホームページ上で通常のダウンロードファイルがLiveメディアになっている(ファイル名がFedora-XX-i686-Live-Desktop.isoなどの)場合は、ダウンロードのオプションとしてDVD版を選びます。

またはFedoraのミラーサイトからダウンロードすることもできます。 「Fedora ミラー」で検索すると有効なミラーサイトを探すことができます。

ミラーサイトを利用する場合は過去の各バージョンのインストールファイルを一覧から選んで取得できるという利点もあります。 例えば http://mirror.internode.on.net/pub/fedora/linux/releases/  などは(日本のサイトではないですが)非常にわかりやすいつくりになっていて、各バージョン・形式のダウンロードファイルを容易に探すことができます。

以下では、fedora14を、Fedora-14-i386-DVD.isoファイルからインストールしていきます。
インストールを開始するには、ダウンロードしたisoファイルを仮想マシンへセットする必要があります。 まずはその手順です。

VirtualBoxを起動します。

Fedoraをインストールする仮想マシンを選択した上で、画面左上の「設定」ボタンをクリックします。

VirtualBox

ダイアログ左側で「システム」を選択します。 起動順序の欄で、CD/DVDの起動順序がハードディスクより上位にあることを確認しておきます。

VirtualBox

次に、ダイアログ左側で「ストレージ」を選択します。 さらにダイアログ中央で、IDEコントローラ内の「空」を選択します。

ダイアログ右側のCDのアイコンをクリックして「仮想CD/DVDディスクファイルの選択」を選びます。 ファイルの選択ダイアログが表示されますので、先ほどダウンロードしたFedora-XX-i386-DVD.isoの保存場所からこのisoファイルを選んで、「開く」をクリックします。

VirtualBox

「OK」ボタンを押下して詳細ダイアログを閉じます。

以上の手順で、仮想マシンのCD/DVDドライブにインストール用DVDがセットされた状態になりました。 仮想マシンを起動して、DVDからインストールを始めます。



前のページへ <    メニューへ戻る    > 次のページへ

6. Fedoraをインストール:
 
  ›(1)インストールの準備
   (2)インストール(Fedora14)
 
Copyright (C) 2011-2019 rurihabachi. All rights reserved.