rurihabachi
Last update: 2013/11/25  
    仮 想 マ シ ン で Fedora サ ー バ       ◇◇◇  お金をかけずに簡単簡潔  ◇◇◇  サーバ構築公開手順 覚書き  ◇◇◇
 
 
サーバ構築メニュー  
     1. はじめに
     2. 構築前の準備
     3. サーバの役割り
  » 4. サーバの計画
  » 5. 仮想マシンの準備
  « 6. Fedoraの準備
       インストールの準備
       インストール
  » 7. サーバの基本設定
  » 8. ファイアウォール
  » 9. ウェブサーバ
  » 10. Apache Wicket
  » 11. メールサーバ
  » 12. セキュリティ
     13. サーバの公開


  サーバ構築Top  > 6.Fedoraをインストール  > (2)インストール(Fedora14)
    6. Fedoraをインストール
前ページのインストール準備で仮想マシンにインストール用DVD(isoファイル)がセットされた状態になりました。 仮想マシンを起動して、引き続きFedoraのインストールを行います。

    (2) Fedoraのインストール(Fedora14)

Fedoraをインストールする仮想マシンを選択した上で、VirtualBox画面左上の「起動」ボタンをクリックします。

VirtualBox


仮想マシンが起動します。 CD/DVDドライブにセットされたインストール用DVDから起動している状態です。

下記の画面が表示されますので、デフォルトの状態(”Install a new or upgrade an existing system”が選択されている状態)でエンターキーを押下します。

Fedora install

ディスクチェックの画面が出ますので、→キーで「Skip」を選択してエンターキーを押下します。

Fedora install


しばらくするとGUIインストーラがスタートしますので、「Next」をクリックします。

言語選択画面で「Japanese」を選択します。 「Next」をクリックします。

Fedora install

キーボード選択画面で「日本語」を選択します。 「次」をクリックします。

Fedora install

ストレージデバイスタイプは「基本ストレージデバイス」を選択します。 「次」をクリックします。

Fedora install

警告ダイアログボックスが表示されますので、「全てを再初期化」をクリックします。

Fedora install

次にホスト名を入力します。 入力するホスト名は、インストール中のサーバのサーバ名とドメイン名をピリオドでくっつけたものになります。

例えば、サーバ名がxxserverでドメイン名がrurihabachi.comの場合は、xxserver.rurihabachi.comと入力することになります。

入力後、「次」をクリックします。

Fedora install

タイムゾーンは「アジア/東京」を選択します。 また、「システムクロックでUTCを使用」のチェックは外します。 「次」をクリックします。

Fedora install

rootユーザ(システム管理ユーザ)のパスワードを入力します。 入力したパスワードは必ず控えておいてください。 入力後、「次」をクリックします。

Fedora install

「カスタムレイアウトを作成する」を選択して「次」をクリックします。

Fedora install


ここからパーティションの作成ウィザードに入ります。 パーティションを3つ作成します。

「作成」をクリックします。(一つ目)

Fedora install

「標準パーティション」を選択して「作成する」をクリックします。

Fedora install

マウントポイントに”/boot”、ファイルシステムタイプをext2、サイズに100(MB)、「固定容量」を選択して、「OK」をクリックします。

Fedora install

再び「作成」をクリックします。(二つ目)

「標準パーティション」を選択して「作成する」をクリックします。

マウントポイントを空白、ファイルシステムタイプをswap、サイズに500(MB)、「固定容量」を選択して、「OK」をクリックします。

Fedora install

再び「作成」をクリックします。(三つ目)

「標準パーティション」を選択して「作成する」をクリックします。

マウントポイントに”/”、ファイルシステムタイプをext4、「最大許容量まで使用」を選択して、「OK」をクリックします。

Fedora install

以上の結果、ハードディスクに3つのパーティションが作成されました。

Fedora install

「次」をクリックします。

警告ダイアログが出たら「フォーマット」をクリックします。

Fedora install

再度警告ダイアログが出たら「変更をディスクに書き込む」をクリックします。

Fedora install

フォーマットが開始します。しばらく待つと次の画面に移ります。

「ブートローダーを/dev/sdaにインストールする」にチェックがついていることと、一覧で「Fedora /dev/sda3」が選択されていることを確認します。 「次」をクリックします。

Fedora install


ソフトウェアインストールの画面が表示されるので、画面下部の「今すぐカスタマイズ」を選択して「次」をクリックします。 次画面でデフォルト設定のまま再度「次」をクリックします。

インストールが開始します。

 ◇     ◇     ◇

インストールにはしばらく時間がかかりますのでここでちょっとひと休みです。

 ◇     ◇     ◇

インストールが終わりましたら「再起動」をクリックして仮想マシンを再起動させます。 再起動が終わると「ようこそ」という画面が表示されますので、「進む」をクリックします。

ライセンス情報の画面が出たら、確認後「進む」をクリックします。

一般ユーザーの作成画面が表示されますので、任意のユーザ名とパスワードを入力します。 (このユーザはログイン時に使用しますので、パスワードは必ず控えておきます。)

Fedora install

「進む」をクリックします。

日付と時刻の設定画面になりますので、現在日付と時刻を確認のうえ、「進む」をクリックします。

Fedora install

ハードウェアプロフィールの画面が出ますので、内容を確認のうえ、「プロフィールを送信する」を選択して終了します。

これでインストール作業は終わりです。

さっそくシステムにログインしてみましょう。

先ほど作成した一般ユーザをクリックします。

Fedora install

パスワードを入力後、「Log In」をクリックしてログインします。

Fedora install

 ◇     ◇     ◇

インストールが終わったら、仮想マシンにセットしていたインストール用のDVDを解放します。 仮想マシンの右下のCDアイコンを右クリックして、「仮想ドライブからディスクを除去」をクリックします。

Fedora install Fedora install


Fedoraをシャットダウンする際は、画面左上のFedoraのメニューバーから「システム」-「シャットダウン」と選択して、ダイアログで「シャットダウン」をクリックします。 (仮想マシンのメニューからシャットダウンしたり、仮想マシン右上の×ボタンから閉じたりしないよう注意します。)

 ◇     ◇     ◇

以上でFedoraのインストールが無事終わりました。 次章ではサーバの基本設定を行います。



前のページへ <    メニューへ戻る    > 7.基本設定

6. Fedoraをインストール:
 
   (1)インストールの準備
  ›(2)インストール(Fedora14)
 
Copyright (C) 2011-2019 rurihabachi. All rights reserved.